投資実績

LBPグループ ファンド運営状況

  • 岡山(中国銀行と合弁)・北海道(北洋銀行の子会社と共同運営)にて再生・活性化ファンドを、災害復旧を目的とした広域復興支援ファンドを九州・西日本地域にて展開(地域経済活性化支援機構の子会社と共同運営)
  • 岡山・北海道の地域ファンドは、徹底したハンズオンでの経営関与が特色
  • 同ファンドの投資手法は、債権買取に拘らず、メザニンやエクイティ投資を積極的に活用
  • 関与する地域金融機関と共に、地域貢献を投資の目線とし、地域経済のインフラとなるべく活動中

2021年2月現在

LBPグループ ファンド運営状況のイメージ図

 

 

投資先の概況

  • 投資社数は46社のうち、半数が製造業、次に小売・サービス業が続く。
  • 特徴的なのは、食関連企業への投資が30%程度。食関連企業間の業務提携やネットワークの紹介を促進。
  • 投資先の売上規模は20億円以下で70%(地方中小企業への投資に特化)。
  • 一投資案件あたりの投資額は3億円以下で80%。更に50百万円以下の投資案件にも積極的に対処。

 

投資先の概況のグラフ(PC表示用)

投資先の概況のグラフ(スマホ表示用)

 

投資実績について

投資先の一部をご紹介いたします。(順不同。投資先の社名は変更になっている場合があります。)

企業名

株式会社安全

URL

http://www.j-anzen.co.jp/index.html

業種

建設業(道路標識ライン塗装、道路標識工事業及び道路外柵工事業 )

投資時期

2021年5月

ファンド / 案件タイプ

継承ジャパン /事業承継

概要

株式会社安全は、創業60年以上の業歴を有する地域の堅実な優良企業であり、国・県・警察・市町村・民間等の交通安全施設工事と橋梁塗装工事を手掛け、確実な成長を遂げてきました。
この度、創業者兼オーナーの引退時期を迎え、事業承継を支援する目的で引き受けを行いました。

株式会社安全(公開用)ロゴ